スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
Sちゃんからのお手紙
Sちゃんは、YOUの一つ年下の女の子。
YOUとは違う障がいを持っていて、会話はちゃんと出来るけれど、自分の気持ちをなかなか口に出せず、黙って内に秘めてしまいます。
沢山の人がいるところや大きな音が大の苦手。
おうちでは大丈夫でも、学校とか他所に行くと、強い不安感やストレスを感じてしまいます。
環境の変化にもなかなか馴染めません。


押尾コータローを尊敬しBUMP OF CHICKENが大好きで、カラオケの十八番は「ガラスのブルース」のSちゃん。
そんなSちゃんと出会ったのは、YOUが中二になった春。
同じ中学校の特学に、新入生として入ってきたのでした。
市内で一番人数の多い、校区の中学校の特学に進んだYOU。
入学してみると、その特学は小学校時代普通学級で過ごした子が殆ど。
持っている力よりも上のレベルを常に求められ、高すぎるハードルに悩み苦しみました。
YOUの障がいの特性に合った対応をお願いしても「特別扱いは出来ない」の一点張りで、始まったばかりの個別指導計画も形ばかり。
みんなが出来る事もYOUにとっては難しい事が多く、いつも足手まとい…。
この学校にした事を何度も悔やみ、転校も考えました。


翌年の春、入学したばかりのSちゃんは、学校生活のストレスを緩和するため、水曜日はお休み。
登校した日も最後までいることが難しく、毎日午前授業だけで帰っていました。
YOUにはとても優しく接してくれて、お友達になりたいと思ってくれて、お手紙もくれたりするのですが、YOUは「友達」という言葉を
知っていても、「友達」の意味が分からないのです。
例え悪口や文句でもいいから反応してくれるのが嬉しいので、
YOUに好意を持っていない人にばかり寄っていって、文句を言われて喜んでいる始末。
Sちゃんには申し訳ない毎日でした。


そんなある日、YOUが時々出す大声や、それを注意する先生の声が、Sちゃんにストレスを与えていると、先生から言われたのです。
YOUには悪気は無く、YOUが理解出来るような指導をしてくれないから不安定になって大きな声を出しているのだし、それを注意する先生の大声までYOUのせいだと言われても困ります!…と、今なら言えるのですが、その頃はひたすら謝ることしか出来ませんでした(ーー;)
とにかく、理由はどうあれYOUがSちゃんに迷惑をかけているという事がショックで、一度は思い直した転校を再び考え始めました。


学校に迎えに行ったときに会えたSちゃんのお母さんにも、YOUの事をお詫びしました。
すると、「SはYOUちゃんの事が大好きで、いつも家でYOUちゃんの事ばかり話しているんですよ。
大きな声で自分の思いを秘めることなく出せるYOUちゃんが、とても羨ましいみたいです。」と、思いがけない答えが返ってきたのです。
「学校に行きたくないな~って日も、YOUちゃんに会いたい一心で行くって言うんです。迷惑どころか、YOUちゃんにとても助けられているんですよ。」という、お母さんの言葉が本当にありがたくて、涙が出ました。


さらにある日、SちゃんからYOUではなく私宛にお手紙が届いたのです。
「YOUちゃんのおかあさんへ Sより」と書かれた小さなメモ用紙。
そこには「SはYOUちゃんに命をかけていますって YOUちゃんにいってください」と書かれていました。
涙が溢れました…。
先生や他のクラスメートには、いつも否定されてばかりの存在だったYOU。
同情や味方をしてくれるお母さんやクラスメートが一人もいなかったわけではありませんが、ありのままのYOUを受け入れて好いてくれて、「命かけてます」なんてお手紙までくれたのはSちゃんだけ。
本当に嬉しくてたまりませんでした。
そして、YOUの存在が少しでもSちゃんのお役に立てるのなら、転校は撤回してSちゃんのために卒業まで頑張ろう!と思ったのでした。


Sちゃんは今、単位制の高校と通所施設にそれぞれ週二日通って頑張っています。
YOUがきっかけで再開したピアノレッスンも続けていて、YOUの送り迎えの時に時々会いますが、相変わらずそっけない態度の
YOUの事を今も好きでいてくれて、何かと気にかけてくれます。
いつの頃からか、私の事を「YOUちゃんのお母さん」ではなく
「○○さん」と名前で呼んでくれるようになりました。
去年の秋にお互いにBUMPのファンだと知って、それからは私の
BUMP友達の一人でもあります。


BUMP OF CHICKENと出会って、初めて「K」や「ダンデライオン」を聴いた時、頭に浮かんだのはSちゃんの事。
私とYOUにとってSちゃんは、黒猫が出会った絵描きのような、寂しがりライオンが出会ったタンポポのような、そんな存在なのです。
だから、Sちゃんと一緒のBUMPライブのアンコールで「K」と「ダンデライオン」を聴く事が出来た時は、奇跡じゃないかと思いました。


あの手紙の事はもしかしたら忘れているかも知れませんが…それでも良いのです。
Sちゃんのお手紙は、私にとって大切な宝物であり勇気の素です。
YOUの事で心が折れそうになった時はいつも、あのお手紙を思い出します。
Sちゃん、本当にありがとう。
また今度、BUMPの話をしようね(*^_^*)
【2008/06/08 06:09 】 | YOU | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
<<合唱コンクール | ホーム | 高体連>>
コメント
----
良いお話ですねぇ・・ SちゃんもBUMPライブに参加できたんですね! きっと楽しかったことでしょうね~ もっともっとBUMPが好きになったことでしょうね(^^)v

栗太郎さんはYOUちゃんのおかげでいろんな素敵な出会いを経験されていて・・それって幸せなことですね(^_^)
by:ショウ | URL | #snujudlg【2008/06/12 10:53】 [ 編集] | page top↑
--ショウさんへ--
おはようございます。
こちらにもコメント、ありがとうございます♪


> きっと楽しかったことでしょうね~ もっともっとBUMPが好きになったことでしょうね(^^)v


そのようです♪
Sちゃんのお誕生日はショウさんの次の日だそうですが、ひと足早くDVDを買ってもらって、とても喜んでいました。
自分の好きな人が同じ音楽を愛してくれるって、嬉しいですね。


> 栗太郎さんはYOUちゃんのおかげでいろんな素敵な出会いを経験されていて・・それって幸せなことですね(^_^)


時には辛い事や悲しい事もあるけれど、YOUのおかげで出会った素晴らしい人や素晴らしい事がそれ以上にあるので、とても幸せだな…と思っています。
勿論、BUMPを通じての出会いも、本当に幸せだと思っていますよ♪
これからも宜しくお願いしますね(*^^)
by:栗太郎 | URL | #w7jm7Cj.【2008/06/13 06:23】 [ 編集] | page top↑
--感涙--
すごく、いいお話で、思わずナミダが…。

きょうは、ここで宝物を私もいただいたような気持ちになりました。
ありがとう。
by:ゆきさくら | URL | #-【2008/06/18 01:09】 [ 編集] | page top↑
--ゆきさくらさんへ--
こちらにもありがとう♪


Sちゃんの事、いつか書きたいと思っていたのですが、ようやく書くことが出来ました。
たった一人でも、YOUが誰かの役に立っているという事が、大きな心の支えになっています。
これでYOUが、もう少しSちゃんに対して愛想が良かったらもっと良いんですけどね(笑)


こんな話を聞いてくださって、ありがとう(*^^)
by:栗太郎 | URL | #w7jm7Cj.【2008/06/23 22:37】 [ 編集] | page top↑
----
いつも読み逃げだったのですが、コメントさせてください。

SちゃんとYOUちゃんのやりとりを思い浮かべながら読ませていただきました。
SちゃんにとってYOUちゃんも栗太郎さんも大切な存在なんですね。
家族以外でこんなに想ってくれる人がいることはすごく素敵なことだと思いました。

きたえーるでの『K』と『ダンデライオン』はBUMPからSちゃんと栗太郎さんへのプレゼントだったのですよ!!
かわいいお友達Sちゃんといつまでも仲良しでいてください♪
by:yasuko | URL | #-【2008/07/07 15:12】 [ 編集] | page top↑
--yasukoさんへ--
こちらにもコメント、ありがとうございます(*^^)


> SちゃんにとってYOUちゃんも栗太郎さんも大切な存在なんですね。
家族以外でこんなに想ってくれる人がいることはすごく素敵なことだと思いました。


それがとても嬉しいし、心の支えになっています。
なのに、YOUはいつもそっけない態度…Sちゃんに申し訳なくて…。


> きたえーるでの『K』と『ダンデライオン』はBUMPからSちゃんと栗太郎さんへのプレゼントだったのですよ!!


うふふ…勝手にそう思って喜んでいます(笑)
次のライブでは、Sちゃんの大好きな「ガラスのブルース」を聴かせてあげたいな~♪

by:栗太郎 | URL | #w7jm7Cj.【2008/07/08 15:21】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。